2007年04月02日

あれから1年

去年の「和歌山ノン・フライトクラブ」プラモデル展示会から
一年が過ぎようとしているですね。
早いもので今年の案内が届きました。
kousa02.jpg
4月21日は無理そうですが、22日はいけるかな。
去年展示会を見た後で立て続けに3台買ったのですが
完成したのは1台だけ、2台は倉庫で眠っております。。。
posted by e-beat at 22:51| 和歌山 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

はな金

ken01.jpg
今は殆ど聞かなくなった「はな金」と言う言葉。
今日(昨日)は金曜日だったの早い目に仕事を終えて、帰り道にあるJ&Pへ直行。プラモデル用の塗料を買いに行く。
プラモデルコーナーなんか一人でウロウロしていると、なんか変なおっさんと思われるか
な〜とか思ったりもしておりましたが、同じような年代の方が何人かプラモデル
を覗きにきており少し安心。

で帰ってご飯食べて風呂に入って、最近のささやかな週末の楽しみ、バーチャル旧車ライフの時間へと。
今日はKPGC110でホイルの塗装とエンジン部のみ作成。
RSワタナベの深リムホイルはつや消し黒+赤(少々)+金(少々)+シルバーできめてみる。

旧車いじりのBGMは拓郎。
「年老いた男が川面を見つめて、時の流れを知る日が来るだろうか」
僕が以前DAX(HONDAのバイクです)の散歩を兼ねて紀ノ川を眺めに行った時、川面を見つめていて時の流れというものを考えた事があり、まさにその時の情景そのもの。ってことは僕は年老いてしまったのか。。。

70年代へと帰った一時でした。


posted by e-beat at 01:15| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

一台目完成

seri01.jpg
先週の展示会場のモデラーの方に影響されて
まずは手始めにセリカをつくってみた。
そのモデラーの方は電車でGOやフライトシュミレータを楽しむかのように
プラモデルで旧車の世界をバーチャルでを楽しんでおられた。
足回りを移植しただのエンジンルームのバッテリーの位置を実車の通りに変更、グリルを少し奥へ等々楽しそうだった。
seri02.jpg
seri03.jpg
私もノスヒロを引っ張り出してきてTA22の記事を読み漁る。
なにを隠そうこのTA22は私の始めての愛車でもあり、思い出深い
車でもある。プラモを作っていくうちに部品の一つ一つで当時を思い出す。
でもこのモデルはGTのようでパワーウインドウが付いていた。
僕のはGTVだったので手回しの窓であった。
seri04.jpg
記憶の中にゴロゴロゴロゴロという2T−Gと純正ソレックスの音が蘇ってきた。
こういう楽しみ方もあるのだな〜と実感。
明日から順次TE−27とKPGC110が送られて来る予定。
TE−27はモスグリーンでハヤシレーシング、KPGC110は白でRSワタナベの少し金色かかった黒鉄色で決めてみよう(^^)

今回のこだわり。

1.ブルーの外観、やはりTA22はブルーやライムグリーンやオレンジのような明るい色が似合うと思う。
2.ホイルを別売のSSRマークVにする。もちろんディッシュ部分はオレンジ色(リムがアルマナイト色で無いという突っ込みは無しという事で)
3.根元をちょん切ったフェンダーミラー

こんなの作っていたら
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m27988060
こんなのが欲しくなってきた。
値段も手ごろだし和歌山市だし。。。。


posted by e-beat at 21:30| 和歌山 | Comment(3) | TrackBack(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。