2007年05月19日

高野山学

今日は今年初めての高野山学であった。
kou0702.jpg
今日はビートで高野山に登った。
家から一時間少々で高野山に行ける環境にあるので、高野山学受講生
の中ではいい環境である。
大阪の方からこられている方も結構多い。

今日は高野山の声明の勉強であった。
読経するときの発音の勉強である。
いわゆるドレミファソラシドが南山進流声明では五音になり
宮商角徴羽になる。

去年からの出席をあわせ今日で通算8回目となり、修了認定となる。
これで中級講座に進める仕組みになっている。
posted by e-beat at 23:06| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高野山学ももう8回目になるんですか。

僕のe-beatさんのブログとのお付き合いもそれなりの歳月を経て来たということでもありますね。

写真を見せて頂く限りでは、普通の大学の講義となんら変わらない感じですね。
教壇の正面奥に祭られているのは弘法大師様でしょうか?それともお釈迦様でしょうか?
それだけが普通とは違うところかな…。



Posted by kazz at 2007年05月22日 23:24
そうですねkazzさん。誕生日が一緒というのにはお互い驚きましたね(^^)
正面奥は、お大師様ですね。8回講義を受けましたが、このような仏式の教壇は初めてです。この日は常喜院の住職でもある教授の講義だったのでこのスタイルになったのかもしれません。

Posted by e-beat at 2007年05月23日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42271291

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。