2007年05月16日

インラインフォア

やっぱり日本車はインラインフォアかな。とか最近思っている。
ツインも良いけど、日本のバイクの歴史から考えれば
インラインフォアの貢献は大きい。

性能や音やコーナーリング以前の選択肢として
日本車はインラインフォアのような気がする。

自分のバイク探し続行中。
posted by e-beat at 00:04| 和歌山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中高年からのバイクライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
16歳の夏、それは自身の革命期。バイクに乗ろう。

走りに行こう。海がいいか?山にしようか?

跨っているだけで心が躍る。走っているだけで楽しかった16歳。”恋人なんか欲しくない。
バイクがあれば何もいらない”笑ってしまう程、馬鹿で未熟な16歳。

遠乗りを覚え、スピードに酔い、年齢を重ねる。
それが非常に危険な物だと気づいても、もう降りる事はできない。

回りを見れば、仲間はみんな降りてしまった。

”バイクは所詮、ガキのオモチャだよ”・・・・ガキで結構。

バイクは恰好いいんだ。
バイクは速いんだ。
そして、バイクが好きなんだ。

未だ”16歳”。
エンジンスタートの今日は、

我が革命記念日。

         東本昌平 「キリン」より
Posted by かおす at 2007年05月17日 21:36
ポエムの世界に浸れそうですね。
主人公が結構中年と言うのがまた面白そうですね。
週末bookoffにでもいってみようかな。
Posted by e-beat at 2007年05月17日 23:29
そうですね〜16才の時に取った原付免許が
一番嬉しかったような気がします。
青春ですよね?やっぱり。


車の免許が取れた時よりも新鮮だったかな?
僕も今でも16才(無理)位の気持ちで毎日
生きています。
Posted by Qたろう at 2007年05月18日 21:26
>僕も今でも16才(無理)位の気持ちで
なんか、それは僕も一緒です(^^)
さあ週末は走りに行きますよ〜
Posted by e-beat at 2007年05月18日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41904782

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。