2007年02月15日

やっぱりバーチカルツインか。。

kare.jpg

カワサキのオートバイにまたがって、ぼくは、にぎりめしを食べていた。

kawasakiのインラインフォアも良いがWも欲しくなってきた。。。
posted by e-beat at 22:39| 和歌山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 中高年からのバイクライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいや、ツインはやっぱりLツインですって(笑)
それはともかく?当時のは同じ2気筒でもそのレイアウトやメイクスの考え方によって、個性的な乗り味を競い合っていたような・・・。

「片岡義男」なら当方、ほとんど在庫有りです(笑) ちなみに「浮谷東次郎」も各種ありますが・・(爆)
Posted by MHR at 2007年02月16日 23:01
>「片岡義男」なら当方、ほとんど在庫有りです
おおっさすが。
また化してくださいm(__)m

>ちなみに「浮谷東次郎」
実はそちらも最近気になっております。

さてこれから出張に行ってきます。
Posted by e-beat at 2007年02月17日 05:10
いずれにせよ4ストロークのツインって、どういうレイアウトにせよ奥が深いデス。
一発あたりの鼓動感っていうのか、ストライドの長い加速が味わえるというか・・・。
Bigシングルも鼓動感はあるんですが、上の方の伸びはツイン並みには望めませんデス。
一方、マルチはもはや速すぎて当方如きのスキルでは手におえない乗り物と化して久しいし・・・。

片岡作品は一時期読むのも恥ずかしい!ってな年頃もありましたが、今となっては自分が枯れてきたのか(笑)素直に読み返したりする時があります。
e-beatさんが書いてるようなメンタルな部分だけでなく、メカ二カルな描写も氏は得意としてました。
「ボア・ストローク○mm×○mmのシリンダーの中で燃焼が繰り返され、オイルリングがシリンダー壁に残ったオイルを掻き落とす云々」て、くだりがあったように記憶してるんですが・・。

当時モノのw1はもはや、気軽にころがすにはメンテに疲れ果てそうですが、現代のwなら休日の散歩のいい相棒になってくれそうかな・・なんてね!?





Posted by MHR at 2007年02月23日 21:45
ますますWが欲しくなってきましたです。。
Wであれば雨の日にカッパ着てツーリングなんてのも「あり」のような気がします。

シートに弁当を入れたバックをくくり付けて、ふらっと一人でツーリング。なんてのも良いですね。

でも2スト250、これも捨てがたいです。。。

4ストロークの渋めのツインと2ストのレーサー系250、この両極端な2台を所有する事が出来たら楽しいでしょうね。

「彼のオートバイ、彼女の島」只今139ページ目読んでおります。この休暇で読み終えてしまいそうです。


>片岡作品は一時期読むのも恥ずかしい!
これはフォークソングも一緒ですね。
「懐メロ」ならぬ「懐本」と言ったところでしょうか。
Posted by e-beat at 2007年02月24日 00:30
>フォークソングも一緒ですね。

言い得て妙!・・うまい事言いますね!!
正にそんな感じかと・・・。


>でも2スト250、これも捨てがたい・・4ストロークの渋めのツインと2ストのレーサー系250、

そうなんですよ、2スト250って何かの本に書いてたけど、4輪でいうところの「ブリティッシュ・ライトウエイト」的な面白さがあるかと思うんです。僕もRZで走っている時は、気持ちよく走れるっていうか、転ぶ気がしないっていうか(RZでは25年前に一度だけ転んでますが・笑)

ラインナップ的には2スト250と4ストのツインに落ち着いて、かれこれ18年になるんですが如何せん件のツインの方が曲者でして・・・(ド爆!)




Posted by MHR at 2007年02月26日 22:57
>うまい事言いますね!!
いえいえ、こちらこそ
#今となっては自分が枯れてきたのか(笑)素直に読み返したりする時があります。
の一文にうまい事言われるな、それそれって思いましたです。

>ラインナップ的には2スト250と4ストのツイン
そういえばそうでしたよね。
>如何せん件のツインの方が曲者でして・
確かに仰るとおりで(^^)

しかし、一旦はインラインフォアとかも思いましたが、2スト250と4ストツインを思えば4ストフォアは中途半端とか思います。
まあ一台である意味2スト250と4ストツインの味を味わえる利点はありますが、2台所有するのであれば中途半端かな。

W400最近欲しくてです。
買うぞ、と言い出すのも怖く。。
Posted by e-beat at 2007年02月27日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。